プロフィール

剣 はじめ

Author:剣 はじめ
どうもです! 『剣 はじめ』 (ツルギ ハジメ)です。
自作アナログゲームを作って13年となりました!!
『DREAM BOARD GAMES』は「こんなゲームがほしい」や「あんなゲームがやりたい」を形にする創作アナログゲーム製作所です!
夢のゲームを形にすべく日々創作、日々研究に没頭中・・・w
その原動力はいつも見守っていてくれる皆さんの存在だったりします。

 
検索フォーム
 
メールフォーム
リクエストとか、あそぼ~とかw なんでもどうぞ!! 気軽にメッセージ頂けたらうれしいですw

名前:
メール:
件名:
本文:

 
BBS
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- |

Istberia Story


I イストベリア全体画像 1

『Istberia Story』は、自分のターン、相手のターン、と交互にターン処理を
するのではなくフィールドに展開するキャラクターごとにターンを行なう、
戦略的で新しいファンタジーシミュレーションボードゲームです。
連続自軍のターンや相手に無駄なターンを送らせて
みごとゲーム展開を掌握できるか?
プレイヤー同士の思惑と戦略が錯綜するゲームシステムと
1手1手の重要性にほど良くなやめ且つスマートなゲーム展開に
とても面白みを感じると思います。

今回はそんな『Istberia Story』の遊び所を簡単にピックアップしていきます!




キャラクターチョイス

概要R0010712

ゲームを始める前に今回のゲームレベルを設定します。
設定したゲームレベルを超えないように対戦相手とキャラクターを選ぼう!
今回のセットは、全12キャラクターの中から選ぶ事ができます!

概要R0010715

設定したゲームレベル以下になるようにキャラクターを選びました!
(ゲームレベル50)
お気に入りのキャラクターや相性の良い組み合わせを見つけて
最強のパーティーを編成しよう!!

概要R0010717

ゲームレベル以下ならレベルアップ後のキャラクターを選択する事も可能です!

概要R0010718

選んだキャラクターのアクションカードをセットアップ!
これから激しいバトルが繰り広げられる!!

概要R0010719

アクションカードはどのキャラクターも個性的なものばかり!
これらの中からアクションカードを選び戦闘や移動を行ないます。
状況に応じたアクションカードのチョイスが重要になってくるのです!




マルチサイクルプロッティングシステム

ターン順に可変を加え、戦略性を強くしているこのゲームのシステムです!
Istberia Storyならではのシステムでゲームの主柱となっています。

概要R0010729

最初のターンは各キャラクターのアクションカードを1枚選んで
お互いに同時公開します!

概要R0010730

アクションタイムの早い順に並べてそのまま裏返しひとつの山札にして、

概要R0010731

上からめくり、めくられたキャラクターのターンとなるのです!
山札の確認はできないからアクションカードが同時公開されたときに、
相手がどのようなアクションでくるのか?
ある程度把握しておく必要があるかもしれません。

概要R0010732

アクションや移動を終えたら次に使用したいアクションカードをセットして
そのキャラクターはターン終了。

概要R0010733

再び山札からめくりめくられたキャラクターのターンとなります!
そのキャラクターもアクションや移動を終えたら次に使用したいアクションカードを
セットしてターン終了!

概要R0010735

この時セットしたアクションカードが、すでにセットされているアクションカードよりも
早い場合はそのアクションカードの下に割り込ませる事が出来るのです!
これで次のサイクルは、すでにセットされていたアクションカードよりも先に
このキャラクターのターンが来るのです!
このように上記を繰り返し、今の山札が終わった時にセットしたカード群が
新たなカードをめくる山札になります。

概要R0010734

割り込ませる事も出来ますが、あえて上に重ねる事で相手の連続ターンを
阻止したり、自軍の連続ターンを構築することも出来ます。
たとえば・・・
遅いアクションカードは強力なものが多いですが、後からセットされたほかの
アクションカードに、割り込まれてしまう為ターンを行なう間隔が物凄く開いたり
する事もあるのですが、先に置いた仲間の遅いアクションカードの上に、
他の仲間の早いアクションカードを重ねる事で相手のアクションカードの
割り込みを阻止できたりもします。その他にも
「こいつに先に殴られたら不味い」とか「こいつを先に遠くへ吹き飛ばしてその後・・・」
とか「攻撃は次のターンでとどかないから・・・」などなど
状況にあわせたターン順を構築することで次のターンサイクルを自分にとって
有利なモノにする事がゲーム攻略の一つの重要な要素でもあります!

ちょっと考えてみてください。
たとえば将棋やチェスで自分の手番を連続して行なえるとしたらどうでしょう?
・・・凄い事になりそうですよねw
それをお互いのプレイヤー同士が戦略や思惑をめぐらせて操作しあう!
ボード上での激しい戦いとカードセットの手番をめぐる静かな戦い・・・
二つの戦いが奥深いゲーム性を演出しています。

概要R0010726

このゲームでは、強いキャラクターだからといって・・・

概要R0010727

こんな感じで蛮勇してしまうと・・・・

概要R0010728

自分のターンが来る前にフルボッコにされてしまう事がよくありますww
ターン順を操作して仲間キャラクターとうまく連携した戦闘を心がけよう!

概要R0010737

このような大規模戦闘でもうまく戦略を張り巡らせて

概要R0010736

強力なアクションカードの発動に成功して勝利を掴み取れ!!







ダメージをあたえろ!!

このゲームではアクションカードの枚数そのものがキャラクターの
HPになっています。

概要RIMG0702

ダメージをあたえたら相手の手元のアクションカード群から
ダメージ値分のアクションカードを選択して取り除きます。

概要RIMG0705

取り除かれたアクションカードは使用できなくなります。
ダメージを受ければ受けるほどキャラクターのアクションは制限されていきます。
相手の顔色をうかがいながら取り除くアクションカードを選択してくださいw
目じりがピクリと動いたらきっとそれは強力なアクションカードですww

瀕死になると攻撃は単調になり、同じアクションカードを繰り返し使用するしか
なくなりますが、逆にこれがやっかいになることも・・・
強力なアクションカードが残ってしまうと瀕死の馬鹿力を発揮されて
強力アクションカードの連続使用されるという手の付けられない状態になったりと
止めの最後まで気の抜けない展開が楽しめます。




継承 Lvアップシステム

このゲームの醍醐味でもあるLvアップシステム!
土壇場のLvアップが大逆転劇を呼んだり、
それまでのゲーム展開やパワーバランスが変わったりと
大きくゲーム展開を左右します!

概要R0010738

相手キャラクターや仲間キャラクターが倒れたらその駒はそのマスに残ります。
倒れたキャラクターがいるマスに、別のキャラクターが進入しそこで移動を終えると
力の継承、Lvアップを行う事が出来るのです!

概要R0010739

倒れたキャラクターのいるマスで移動を終えると・・・

概要R0010740

キャラクターカードを裏面にして

概要R0010741

ステータス・スキル大幅アップ!!

概要R0010742

そして!!
それまで使用できなかった強力なアクションカードを手元に加える事が出来ます!
これでLvアップは完了です!!
これで形勢は一気に逆転!?
今こそ攻勢に打って出る時!!わしに続けぇー!!(←だれ?ww)


でもちょっと思い出してください。「なにを?」ってこのゲームの主柱となっている
マルチサイクルプロッティングシステムの事です。
敵の駒を倒した後はどちらのターンが来るでしょうか?
自分のターン?相手のターン?いったいどのキャラクターのターンなの??
それがわかってないと安易に止めを刺すことは出来ないかもしれません。
なぜなら相手にLvアップするビックチャンスを与えてしまう事もあるからです!!
仲間の死が!敵の死が!
チャンスやピンチに直結するドキドキの戦闘をご堪能ください!!





その他にも『Istberia Story』は多彩多様なシステムで
様々な戦闘シーンを楽しむ事が出来ます!

4人マルチプレイではボードゲームらしいドタバタな展開に
何度でも遊びたくなると思います。

勝利条件を変える事で様々な戦闘シーンを楽しむ事が出来ると思います。
「ターゲット戦」では心理戦と推理戦も加わり、大逆転も可能なボードゲームらしい
戦闘を楽しむ事が出来ます。

障害物駒を使ったルールが解れば戦略の幅が広がって、
それまで弱いと思っていたキャラクターに驚愕する事もあると思います。

キャラクターが8体以上入り乱れる大規模戦闘では、
強力なチャージアクションカードに気を配らないと一掃されてしまう事も・・・w

遊べば遊ぶほどゲームは上達しますが、やはり運に見放されると勝てる戦いも
勝てなかったりします。
かといっていい加減にプレイしたら絶対に勝つことは出来ません。
そんな絶妙な運と実力のバランスが取れたゲームに仕上がっています。
プレイ時間も30分程度と短めで、ルールも軽いので何度でも
遊びたくなるファンタジーシミュレーションボードゲームです!

『Istberia Story』は5月13日(日)に
ゲームマーケット2012春にて販売決定です!!
みなさん、よろしくお願いします。

2012/04/29(日) 17:00 | コメント:2 | トラックバック:0 |
コメント

ホクトラ :

お久しぶりです! なんか長いこと閲覧するの忘れてたんですけど(すいません・・;; これは面白そうですw

運より実力ってのがまた僕のドツボにハマりそうなジャンルで・・・w

あれからボードゲームを買い集めて今六つのボードゲームを所持してるんですが、お正月用に購入しようかと思います。 も少し予算が集まったら購入すると思います。

売り切れるなーw

剣 はじめ : コメントありがとうございます!

おぉホクトラさん!コメントありがとうございます!
お久しぶりですかね、コメント嬉しいですwまたたまには覗きに来てくださいね~
たいしたブログでもないんですがねw

Istberia Storyは在庫ややあり、な感じですのでお正月にはまだ間に合うとおもいますが、もし万一売り切れてしまったらごめんなさい・・。
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック
 

Twitter
 
リンク
 
QRコード
QR
 
FC2カウンター
 
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
2033位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
60位
アクセスランキングを見る>>
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。