プロフィール

剣 はじめ

Author:剣 はじめ
どうもです! 『剣 はじめ』 (ツルギ ハジメ)です。
自作アナログゲームを作って13年となりました!!
『DREAM BOARD GAMES』は「こんなゲームがほしい」や「あんなゲームがやりたい」を形にする創作アナログゲーム製作所です!
夢のゲームを形にすべく日々創作、日々研究に没頭中・・・w
その原動力はいつも見守っていてくれる皆さんの存在だったりします。

 
検索フォーム
 
メールフォーム
リクエストとか、あそぼ~とかw なんでもどうぞ!! 気軽にメッセージ頂けたらうれしいですw

名前:
メール:
件名:
本文:

 
BBS
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- |
『Istberia Story』に同梱されるコンポーネントの紹介です。
お手製ですが木製カードスタンドが同梱されます。

カードスタンド


長さ12cm奥行3㎝高さ2.5㎝のサイズで使い勝手もよく丁度いい感じです。
重量感も結構あってカードを沢山立てても息を吹きかけてもなかなか倒れません。
(↑これ結構重要ww)

切込みには角度を付けたので見やすい角度でカードが立ちます。
素材自体も緑褐色の高級感ある色合いと高い強度を持つ木材を使用しています。
木の密度が高く模様が綺麗なので結構雰囲気あるんです。

カードスタンド断面

そんな木製カードスタンドが8個同梱されます。

『Istberia Story』では多人数プレイや多くのキャラクターを使用した遊び方など
様々な遊び方が出来るため、それらに対応すべく8個同梱する事に決めました。
これで様々な戦闘シチュエーションに対応できますし、省スペースにも役立ちます。
このスタンドからカードを選び場に出すだけで、なんかぞくぞくしちゃうから
やっぱ雰囲気って大事ですw


※品質には細心の注意をはらって作製していますが
もしバリなどがありましたら申し訳ないです。目の細かいサンドペーパー等で
軽くこすってバリを取り除いてもらえればと思います。


カードスタンド自体はその他の様々なゲームにも使用できると思うので
色々と重宝するんじゃないかなーと思いますw

カードスタンド使用例

これで万一『Istberia Story』が口に合わない!って人がいても
無駄にはならないですよね~なんちってーww


そんな訳でコンポーネント紹介でした。
続報はまたに・・・
2012/02/14(火) 15:30 | コメント:2 | トラックバック:0 |
コメント

ポルコ : はじめまして

はじめまして。画像検索でこちらのサイトに行きつきました。
おなじようなものを自作しようとしているのですが、カードを挿す溝はどのようにして加工されましたか?よかったら教えていただきたいです。

剣 はじめ : コメントありがとうございます!

はじめまして~画像検索からようこそでございます!そしてコメントありがとうございます。カードスタンドに興味を持ってくださって嬉しいです。
カードを差す溝は丸鋸で削りました。
と言っても実際に溝を入れたのは僕ではなく熟練の木工職人で、スタンドのサイズや溝の幅や溝の角度など指定して注文依頼しました。
工場で作ったそうなのでそれなりの設備がないときれいに仕上げるのは難しいかもしれません。
またかなり危険な作業でもあると思いますので、もし実際に自分で丸鋸を使い溝を入れようとするのであれば相当な注意が必要かと思われます。
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック
 

Twitter
 
リンク
 
QRコード
QR
 
FC2カウンター
 
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
1510位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
52位
アクセスランキングを見る>>
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。