プロフィール

剣 はじめ

Author:剣 はじめ
どうもです! 『剣 はじめ』 (ツルギ ハジメ)です。
自作アナログゲームを作って13年となりました!!
『DREAM BOARD GAMES』は「こんなゲームがほしい」や「あんなゲームがやりたい」を形にする創作アナログゲーム製作所です!
夢のゲームを形にすべく日々創作、日々研究に没頭中・・・w
その原動力はいつも見守っていてくれる皆さんの存在だったりします。

 
検索フォーム
 
メールフォーム
リクエストとか、あそぼ~とかw なんでもどうぞ!! 気軽にメッセージ頂けたらうれしいですw

名前:
メール:
件名:
本文:

 
BBS
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- |
うっうー
正月気分が抜けませんねー・・・w
今年は休みが少なかったなー(沈死)
もっとゆっくりしたかったです・・とほほ
そんな短い正月休みでも、結構ボドゲな日々となりましてw
うれし楽しい毎日でした。


やはりよく稼働するのは定番物(ドイツ系)やパーティー系でしたね。
ごきぶりポーカーとかピラニアペドロとかとか・・・
親戚やら兄弟やらで人が沢山集まると、こうなりますよねw
まぁそういったゲームは、大手レビューサイトの皆様が紹介しているので
ここでは記事にしませんが、なかなかスポットライトの当たらない
同人ゲームは、少しでも紹介できたらと・・・せっかく遊んだんだしw


てなわけで、正月に遊んだ同人ゲームを、かるーく紹介したいと思います。
(自作ゲームを含むww)

『Winds of Caribbean』
詳細はこちら→『9Joeのらくがき帳』

RIMG585.jpg

プレイ人数 2人(3人プレイも可でしょうw)  プレイ時間 30分位  

剣 はじめ の頼れる兄貴w 9Joe さんが創った海戦カードゲーム!!
矢印が書かれた操船カードをプレイして、
自分の帆船カードの矢印にあわせて移動します。
相手の帆船を攻撃し撃沈する事が勝利条件です。

『Wings of War』のシステムを参考にしているそうで、『Wings of War』を
遊んだ事がある人は、なじみやすいと思います。

このゲームの面白ポイントは、帆船の進行方向に砲撃出来ない!という所!!
進む方向を意識しながら、相手には横っ腹を向けるという・・w
もどかしい!が!そこがイイィ!!!
対戦相手との位置取りがなかなか熱いのでありますw

RIMG586.jpg

『Wings of War』を遊んだ事が無い 剣 はじめ 的にはテーブルが
プレイフィールドって時点でなかなか斬新なわけでw
テーブルという名のw大海原を突き進め!!って感じで楽しく遊べましたw
ヤシの木置いて雰囲気を出したりするともう気分はカリビアンの海賊ですねw
にゃははw(ヤシの木はおいらの趣味ですww)

面白いゲームのですので普通にオススメできますw
ここで買えますよ→a-game 『Winds of Caribbean』購入ページ




『スカーミッシュ! ザ・スクランブルズ』
詳細はこちら→こげこげ堂はてな支舗

RIMG588.jpg

プレイ人数 2人  プレイ時間 15分位  

手軽にカウンティングバトルが楽しめる、簡単デッキ構築カードゲーム!!
テーブル中央に置かれたお宝カードを対戦相手と奪い合って勝敗を決します。
お互いに数値の書かれたカードを出し合って、
数値の大きい方がお宝カードをゲット出来るという感じのルール。
シンプルだけど、分かりやすくていいと思います。
ポップなイラストとは裏腹に、真剣にやらないと後半あたりで後悔しますw
「あぁーあのカード何で使ったんだろ?オレノバカバカ♪」みたいな・・w

このゲームは、子供とも楽しく遊べる簡単ルールと、とっつき易さが
あると思うので遊ぶ人を選ばなくていいと思いますね。
実際、子供ウケもなかなか良かったです!!

ちなみにスカーミッシュは小競り合いという意味だそうです。
子供と遊ぶ場合は、愛のある手加減をしてあげないといけませんねw
テーブル中央のお宝カードをめぐって本当の
スカーミッシュになったりします故w




『平城の四君』
詳細はこちら→『高天原』

RIMG0001_20110107211906.jpg

プレイ人数 3~5人  プレイ時間 30分位  

奈良時代の平城京の政治をテーマにした、ジレンマ系カードゲーム!!
プレイヤーは4人の政権トップにいい顔をして上手く立ち回ろうとする
腹黒い政治家というところでしょうかw
プレイヤーにランダムに配られたカード達には、
4君の内の1人が書かれており、そのカードを捨て札する事で
その君子の地位が上昇します。と、同時にその君子が書かれたカードの価値も
上昇するので、なかなか困っちゃうのがこのゲームの面白い所ですね。
最終的にカード得点を計算して沢山得点を稼いだプレイヤーの勝利!!
という感じのゲームです。

テーマがテーマなだけに、ちと入り口が狭い感じもありますが
遊びだすとなかなか面白く、仲間内の評価も高かったです。
高かったと言えば・・・
『高天原』さんのゲームのルールブックはどれも難易度が高かった気が・・w

バトル色の強いゲームを好む 剣 はじめ 的には、ちょっと好みが違うかな~
と、思っていましたが、遊んでみたらそうでもなかったw
大の大人も十分楽しめるとても良いゲームでした。

ちなみに『高天原』タカアマガハラと読みます。
コウテンゲンではありませんww
そうに読んでしまった馬鹿が通りますよーw
ハズカチイ・・。




ココからは自作ゲーム

『関ヶ原対戦』

関が原対戦 ミニ

プレイ人数 2人  プレイ時間 25分位

パズル要素もあるアブストラクト寄りの将棋的なカードバトルゲームです。
一進一退の関ヶ原の攻防を、簡単に楽しめる他、全カード総攻撃などの
派手な号令も掛けられるので個人的には、なかなか気に入っている作品です。

暇を見てリメイクをしてみました。とは言っても、
サイズを小さくしただけなんですが・・・
意外と場所をとるゲームだったので、持ち運びの出来るサイズにしてみました。
比較対照としてリップスティックを置いてみましたw
(リメイク前の6割サイズダウン)
なかなかカワイイでしょw

ちなみにこのゲームの権利は F.E.A.Rさん にあるようです。
この先何かが起こるだろうか・・・それとも何にもならないのかなー
なんだか後者のような気が・・・orz
長い目で見つめてみる事にしようと思います。




『DUNGEON TREASURE』

プレイ人数 2~4人   プレイ時間 2時間~4時間

写真は無いけど、友達と2人で遊びました。
どうやらこのゲームには、「最強になりたい」という名の
魔物が取りついているらしくwwゲーム自体は2時間半程度でクリア可能な
状態になったのですが・・・wどういう訳かクリアをしようとはせずww
自信のLv上げと武器の強化>>>越えられない壁>>>世界を救う!
上記のような状態にwwww
結局、魔王を倒す!が二人の目的となったわけですが・・w
いやー自分で言うのもなんですが魔王ギルツ・メ・ジーハ強いですねー!!
我ながら、なかなか攻略しがいのあるラスボスだと思いますね。
中盤から後半にかけて、みんなが鍛えて装備しているであろう防御力強めの
アーマーでは勝てそうに無いって言う・・・w
序盤に売ったマントが恋しくなる「皆のトラウマ」テイストなラスボスに
レベルカンストになるまでやりこむ派の友人も納得・満足していましたw
また遊びたいですねー!!





最後に現在製作中のシミュレーションゲームをかるく紹介。

タイトル未定

RIMG0002.jpg

シミュレーションゲームをしている時に・・・
オレのターン

全自軍ユニット移動・攻撃

オレ:あれ・・これ動かしたっけ?殴ったっけ??

上記のような事は良くある訳ですがw
そういった事が無く全ユニットが公平かつ戦略的に動かせる
シミュレーションゲームを製作中です!!

自分の受け持つ各ユニットの行動を選択する事で動かす順番が自然と決まる!
というシステムを搭載しています。このシステムはマルチプレイも可能で、
2対2人のチーム戦や、4つどもえバトルロイヤルも可能です。
その気になれば6人プレイも出来なく無いと思いますw
(やるかどうかは別としてww)

RIMG0003.jpg

自分で言うのもアレですが、面白いですw
毎回変わる手番順も含めた、高い戦略性がうりのゲームです。
なんとかGMまでには間に合わせたいけど・・・
うーマジがんばる!!

画像は開発中のテスト版で、完成品の仕様やイラストなどは
かなり変わってくると思います。






と、まぁーこんな感じでお正月に遊んだ同人ゲームでした。
2011/01/08(土) 17:00 | コメント:4 | トラックバック:0 |
コメント

k4443 : 相変わらずのお仕事の速さ!!

新年早々素晴らしいですね。新作のほうはD&Dっぽくていいですね。行動順番の自動決定なんかはタクティクスオウガやFFTのWTを彷彿とさせます。しかし、人がプレイしている以上ターンの混乱は発生しそうな問題ですね。画像ではナイトやアーチャーが見えますが、キャラバリも豊富そうで楽しみです。これはまた毎日張り付かねばならないな。
ただ、GMで買うときにリーズナブルになっていただけると助かりますww
あと他のサークルさんので恐縮ですがオインクゲームズさんの『藪の中』が非常に良く出来た推理系ゲームでした。短い時間でもプレイできてオススメですね。ジレンマが楽しめるゲームです。

剣 はじめ : コメントありがとうございます!!

k4443さん、コメントありがとうございます!!

>行動順番の自動決定なんかはタクティクスオウガやFFTのWTを彷彿とさせます。しかし、人がプレイしている以上ターンの混乱は発生しそうな問題ですね。

そうですね、そのように思われるのは無理もないと思います。デジタル処理だからこそ出来るシステムにも思えますが・・wそれをアナログらしくかつ混乱も全く無く戦略的に自動決定出来るのがこのゲームのシステムなのです!!うふふwまた詳細を日記に書きますのでちょっと待っていてくださいね。


>ただ、GMで買うときにリーズナブルになっていただけると助かりますww

はい、頑張りますwwこの作品は萬印堂さんでそれなりの数作ろうと計画中ですので(色々と怖いですが・・・)何とか値段は抑えられればと思っております。手作りだとお金がどうしてもかかってしまうので申し訳なく思っているのですが・・・工業印刷なら!と自分自身期待を寄せているところなんです。


>オインクゲームズさんの『藪の中』が非常に良く出来た推理系ゲームでした。

未プレイですが正直気になっているゲームではあります。注目度No1でしたもんねw機会があったら遊びたいなーとは思っているのですが・・・

りたお : 今度は…

今、剣さんが製作されてるシュミレーションのシステムが気になって寝不足です 笑


今は貧乏な貧乏な貧乏学生ですが、機会があれば絶対にGMに行きたいと思っているので(^0^)!


その時はよろしくお願いしますw

剣 はじめ : コメントありがとうございます!

りたおさん、コメントありがとうございます!!

>今、剣さんが製作されてるシュミレーションのシステムが気になって寝不足です 笑

自分は最近寝る前に「りたおさんはまさか今夜も眠れてないのでは??」と考えるようになり寝不足ですwww


>今は貧乏な貧乏な貧乏学生ですが、機会があれば絶対にGMに行きたいと思っているので(^0^)!その時はよろしくお願いしますw

うおっ!ありがとうございます!!こちらこそよろしくお願いしますです!あっでも無理は禁物ですよwしかしそう言って頂けるとうれしいな~GMまでに何とかなるよう頑張らねば・・・(汗)
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック
 

Twitter
 
リンク
 
QRコード
QR
 
FC2カウンター
 
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
2455位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
65位
アクセスランキングを見る>>
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。