プロフィール

剣 はじめ

Author:剣 はじめ
どうもです! 『剣 はじめ』 (ツルギ ハジメ)です。
自作アナログゲームを作って13年となりました!!
『DREAM BOARD GAMES』は「こんなゲームがほしい」や「あんなゲームがやりたい」を形にする創作アナログゲーム製作所です!
夢のゲームを形にすべく日々創作、日々研究に没頭中・・・w
その原動力はいつも見守っていてくれる皆さんの存在だったりします。

 
検索フォーム
 
メールフォーム
リクエストとか、あそぼ~とかw なんでもどうぞ!! 気軽にメッセージ頂けたらうれしいですw

名前:
メール:
件名:
本文:

 
BBS
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- |
『Istberia Story』のコンポーネント紹介です。
これからGMに向けて少しずつ情報を小出しにしていきたいなー
なんて思っているところですw
後でまとめて書いてもいいけどそれだと更新回数が減っちゃうので・・・

てなわけで、今回はキャラクターカードの紹介!

ヘレン銀

プレイヤーが担当するキャラクターのHPや防御力といったステータスや
スキルなどキャラクターの状態把握に使用するカードです。

カードは裏返すと・・・・

















ジャジャーン!!

黄金騎士に大変身!!

ヘレン金

各キャラクターは仲間や敵の力を継承する事でLvアップが出来ます!
Lvアップすると各ステータスが強化される他、使用できるカードが
追加されるので戦況を逆転できるチャンスが生まれます!

イストベリア騎士団の黄金騎士達は本当に黄金騎士になっちゃうんですw

団長だって・・・

ヘイデ銀

Lvアップでこんな感じに黄金騎士に大変身!!

↓     ↓     ↓

ヘイデ金



てなわけで、コンポーネント紹介でした~w

続報はまたに・・・

スポンサーサイト
2012/02/26(日) 15:00 | コメント:6 | トラックバック:0 |
■ ストーリー

マップ


 偉大なる王が死んだ!

時は赤鳳36年、
イストベリア王イストール十四世の早すぎる死は、全世界に衝撃を与えた。

王位は第一王子イスリに速やかに継承され、年若い王子の摂政として、
王国一の賢者、魔術師グリム=グリムが選ばれた。
元号は黄竜と改められ、王子はイストールの名を継承した。
心優しき王子と大賢者の治世の始まりに、誰もが一時は安堵した。

しかし、王宮に入るやいなやグリム=グリムは王子を離宮に追いやり、
重臣に身内を取り立て、逆らう物は容赦なく叩き潰し、
自らが王のようにふるまい始めた。
人心は乱れ、王都には暗雲が垂込め、巷には疫病が蔓延した。

黄竜4年、王の第一の盾たるイストベリア騎士団団長ヘイデリックが投獄された。
容疑は「国家に対する反逆罪」。
詳細は明らかにされなかったが、巷間では
「ヘイデリック卿は奸臣グリム=グリムの暗殺を企てた」という噂が
まことしやかに広まった。

そして更に、グリム=グリムは騎士団の解隊を告げ、
栄光あるイストベリア騎士団の歴史はここに終わった。
騎士団を率いた8人の黄金騎士達も散り散りになった。
ある者はグリム=グリムの臣下に、またある者は行方知れずとなった……。

騎士団解隊の翌年、ヘイデリックが脱獄する。
手引きしたのは3人の元黄金騎士であったという。
グリム=グリムは、自らの配下となった4人の元黄金騎士に、
ヘイデリックら4人の「反逆者」の追討を命じた。

後世の歴史家はこの一連の出来事を「黄金騎士事件」と呼んだ。
そしてこの事件こそが、後に「暗黒期」と呼ばれる事になる
イストベリア100年の戦乱の先触れであった、と。

イストベリア パッケージ画像 ブログ用

このゲームは、従来のシミュレーションゲームとは違う
「ユニット単位で動かす順番が決まる!」と言うアナログゲームでは
新感覚なターンシステムを採用している戦略的でゲーム性の高い
対戦ファンタジーシミュレーションボードゲームです。
お互いに勝利条件やキャラクター仕様上限を決めて好きなキャラクターを選び
対戦するフリープレイや、『Istberia Story』の物語に沿った展開が楽しめる
シナリオプレイの2つの遊び方が楽しめます。
さらに人数を増やして4人までのマルチ対戦も楽しむ事が出来ます。


5月13日(日) ゲームマーケット2012春 にて販売予定!!

2012/02/18(土) 19:00 | コメント:0 | トラックバック:0 |
『Istberia Story』に同梱されるコンポーネントの紹介です。
お手製ですが木製カードスタンドが同梱されます。

カードスタンド


長さ12cm奥行3㎝高さ2.5㎝のサイズで使い勝手もよく丁度いい感じです。
重量感も結構あってカードを沢山立てても息を吹きかけてもなかなか倒れません。
(↑これ結構重要ww)

切込みには角度を付けたので見やすい角度でカードが立ちます。
素材自体も緑褐色の高級感ある色合いと高い強度を持つ木材を使用しています。
木の密度が高く模様が綺麗なので結構雰囲気あるんです。

カードスタンド断面

そんな木製カードスタンドが8個同梱されます。

『Istberia Story』では多人数プレイや多くのキャラクターを使用した遊び方など
様々な遊び方が出来るため、それらに対応すべく8個同梱する事に決めました。
これで様々な戦闘シチュエーションに対応できますし、省スペースにも役立ちます。
このスタンドからカードを選び場に出すだけで、なんかぞくぞくしちゃうから
やっぱ雰囲気って大事ですw


※品質には細心の注意をはらって作製していますが
もしバリなどがありましたら申し訳ないです。目の細かいサンドペーパー等で
軽くこすってバリを取り除いてもらえればと思います。


カードスタンド自体はその他の様々なゲームにも使用できると思うので
色々と重宝するんじゃないかなーと思いますw

カードスタンド使用例

これで万一『Istberia Story』が口に合わない!って人がいても
無駄にはならないですよね~なんちってーww


そんな訳でコンポーネント紹介でした。
続報はまたに・・・
2012/02/14(火) 15:30 | コメント:2 | トラックバック:0 |
先日はゲーム会でした!
最近はよく「遊ぼうぜー」ってさそわれるのでうれしい限りw
そんなわけで遊んだゲームを軽く紹介していくよ!


続きを読む »
2012/02/05(日) 15:00 | コメント:0 | トラックバック:0 |
Twitter
 
リンク
 
QRコード
QR
 
FC2カウンター
 
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
1432位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
45位
アクセスランキングを見る>>
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。